バックアップシステム特許

【特許第4198920号】
 PCの起動時・終了時にデータを遠隔地の端末へ自動バックアップする特許です。
 ※当社では、本特許の実用化をご検討いただける企業様を募集しております。
 

1.PCの遠隔バックアップを自動的に実行します
 外付けHDDや社内ファイルサーバへのバックアップだけでは、天災や盗難などの被害を防ぎきれない可能性があります。
 本特許技術では、「万が一」を考えて、遠隔地にあるバックアップ端末に、インターネット経由でデータバックアップを行います。PCの起動時もしくは終了時に自動で実行されますので、利用者が意識することなく、簡単にバックアップができます。

 

 backup001.GIF

 

2.複数のバックアップ端末に問い合わせを行い適切な端末を選択します
 バックアップ端末に対して、あらかじめHDDの空き容量を確認するため、確実にバックアップができます。十分な空き容量がない場合には、他のバックアップ端末を探してバックアップします。

 

backup002.GIF

 

3.複数の端末に分割してデータを送ることにより漏洩のリスクを軽減します
 データ量が多く、1台のバックアップ端末に収まらない場合、データを分割して複数のバックアップ端末にバックアップすることができます。1ヶ所に全てのデータを置かないため、セキュリティ面も強化されます。

 

backup003.GIF

知的財産ビジネス