稼働させたい機器を直感的に操作可能にする車載用タッチパネル特許

車載機器制御装置及びプログラム

特許 WO2012/147942 A1

 

特許の概要


 現在の車載機器の操作は、操作対象の機器に関係なくタッチパネルがウインドウに配置されているため、車載機器を直感的に操作するという観点では不十分なものとなっています。
 特許WO2012/147942A1では、タッチパネルが制御対象となる車載機器に対応して設けられ、制御対象となる車載機器の機能に関連した操作をパネルにタッチすることで可能とするものです。この特許により、直感的な操作、車載機器の操作性の飛躍的な向上を図ることができます。

 

*当社では、本特許の実用化をご検討いただける企業様を募集しております。

 

特許のポイント
 

  • 操作したい箇所、機能の近傍のタッチパネルで動作させることが出来る。
  • ワイパー操作、ウインカ操作、シフト操作、オーディオ操作、エアコン操作が出来る。
  • 制御部を機能させるためのプログラムとして実現出来る。

 

ctp_001.PNG

 

 

その他の特徴

 

  1. 送風口近傍のタッチパネル(スワップ)で設定室温を調整出来る。
  2. ウインドウの外側に水滴があるか判断する水滴有無判断ユニットを備えることが出来る。
  3. 近傍のタッチパネル(スワップ)でオーディオ装置の音量を調整出来る。

ctp_002.PNG

 

  • 制御箇所を撮像するよう設置されたカメラ、センサなどで具現化出来る。
  • 車載機器制御装置の含まれた制御部を機能させるためのプログラムとして実現出来る
  • 音声入力機能を追加することで、タッチ操作と音声入力操作で誤検出を減らすことが出来る。
     

<説明資料ダウンロード>

特許 WO2012/147942 A1の概要

知的財産ビジネス