水素供給装置

特開2015-98422 (関連特許:特開2015-98421特開2015-120617

 

特許の概要

 従来、芳香族ハイドランドを脱水素化して水素を生成、その水素を一旦バッファータンクに貯めてから、燃料電池に供給する水素供給装置が知られていますが、水素をバッファータンクに貯めることに起因する種々の課題が生じることがあります。
 特開2015-98422は、この課題を解決できる水素供給装置を供給することを目的とした特許です。

 

*当社では、本特許の実用化をご検討いただける企業様を募集しております。

 

特許のポイント

 

水素供給装置は、有機ハイドライドを脱水素化し、水素及び芳香族化合物を生成する脱水素化ユニットと、脱水素化ユニットから排出された芳香族化合物を含む物質を収容する芳香族化合物タンクと、水素化ユニットから排出された水素を収容する水素タンクと、水素化ユニットに収容された水素の一部及び芳香族化合物タンクに収容された芳香族化合物を原料として有機ハイドライドを製造する有機ハイドライド製造ユニットを備える。

有機ハイドライド製造ユニットにより、水素タンクに収容された水素の一部を使用して、有機ハイドライドを製造することができる。そのため、水素タンク内の水素量が過剰になることを抑制できる。

 

第一実施形態

 

・バッファータンクの圧力が上限値を超えることを条件として、タンク内の水素を原料としてMCHを製造する。そのため、タンク内の圧力が過度に上昇することを抑制できる。
・同条件で水素生成抑制処理を実行する。同抑制ができる。圧力が下限値未満となった場合、MCHの製造を停止、水素生成処理を実行、タンク内の水素が不足する事態が生じにくくなる。
・自車両の重量及び道路情報に基づき、電力消費予測量を算出。充電残量が電力消費予測量以下の場合、上記処理を実行し、水素量を確保、充電残量を増加させることができる。
・ユーザ入力に応じて実行することができる。
・外気の温度変動(季節)に応じても、脱水素反応器の温度のバラツキを抑制できる。

hyd2_001.png



第二実施形態

 

・水素供給装置は、トルエンタンク内の液量を検出する液量センサを備えている。
・トルエンタンクの液量が上限値を超えた場合、タンク内のトルエンを使用してMCHを製造する。そのため、トルエンタンクの液量が過度に大きくなる事態が生じにくい。
・下限値未満の場合、MCHの製造を停止し、製造ユニットへの水素の供給を止め、ユニットにおいてトルエンの量が不足し、水素があまる事態が生じにくい。

hyd2_002.png


第三実施形態

 

・水素供給装置は、配管の途中にタービンを備えている。
・タービン及び発電機を用いる発電により、蓄電池の充電残量を一層多くすることができる。

hyd2_003.png

 

知的財産ビジネス